Google

Yahoo! JAPAN



ドトールコーヒーリンク集

株式会社ドトールコーヒー(Doutor Coffee Co., Ltd.)は、主にコーヒーを扱う日本の商社(卸業)である。 コーヒー豆の輸入、焙煎加工並びに卸売販売および、飲食店の経営やフランチャイズ事業を展開している。

ドトールコーヒーの主な店舗展開は6つの業態によるフランチャイズチェーンである。2006年1 月現在、島根県を除く都道府県に1,490店舗以上を出店しており、コーヒーチェーンとしては日本最大の店舗数を持つ。また台湾など海外へも進出している。大手コーヒーチェーンの中ではコーヒー販売価格が比較的安価に設定されている。

カフェ コロラド [編集] フルサービスのコーヒー専門店。1972年に営業を開始。2007年10 月時点の店舗数は、フランチャイズが118店、直営が1店である。ドトールコーヒーが最初にフランチャイズ展開を手がけた業態である。「健康的で明るく、老若男女が共に親しめる店」をコンセプトにしている。 ドトールコーヒーショップ [編集] ドトールコーヒー姫路御幸通り店(姫路市) コーヒーやサンドイッチなどを提供するセルフ式のコーヒーショップ。1980年に営業を開始。同業種の日本における草分け的存在。 2007年10月時点の店舗数は、フランチャイズが994店(うち19店は台湾の店舗)、直営が148店である。過去には韓国にも店舗があったが、ライセンス契約終了により、現在は韓国からは撤退している。 石油元売り大手のエクソンモービルと提携したことで、セルフ式ガソリンスタンドと併設している店舗も幹線道路沿いを中心に設置されるようになった。 併せて、2004年には東京都千代田区霞が関の中央省庁が集まる官庁街にある日本郵政公社(現・日本郵政)本社、中央合同庁舎第2号館および第5号館にも出店した。 この他にも、郊外部だと大型ショッピングモールのフードコートへの出店が多い。また大型総合病院に出店しているケースもある。 業務を円滑に進めるため、店員のランクが細かく分かれており、上から順にP.A.MANAGER→P.A.LEADER→2級パートナー(2つ星)→1級パートナー(1つ星)→初級パートナー(若葉マーク)となっている。ただし、このランク制度がどこの店舗でも使われているというわけではない。 オリーブの木 [編集] スパゲッティを中心に提供するレストラン。1985年に営業を開始。2007年10月時点の店舗数は、フランチャイズが5店、直営が6店である。 エクセルシオール カフェ [編集] エクセルシオール カフェはエスプレッソをメインとするイタリアンバールを意識し、ドトールコーヒーショップのワンランク上を目指したカフェ。1999 年より営業を開始した。第1号店は東京都港区芝浦(シーバンス)。 「本日のコーヒー」Sサイズ280円、カフェラテSサイズ310円とドトールコーヒーショップよりも高価格に設定している。 当初、エクセルシオール カフェのマークが緑を基調とするスターバックスコーヒーのマークと似ているため、訴訟を起こされたこともある。その後青を基調とするマークに変更された。 メニューの「本日のコーヒー」は1週間で7種類の豆をローテーションしている(店舗によっては1種類の豆のみ)。パスタやジェラートなどを販売する店舗も存在する。 2007年10月時点での店舗数は、フランチャイズが35店、直営が136店である。 店内には、コーヒー豆、エスプレッソマシン、コーヒーメーカー、各種コーヒー関連用品も取り揃えている。店舗により取り揃えられている用品は異なる。 マウカメドウズ コナコーヒーガーデン [編集] ハワイ産のコナコーヒーとワッフルを中心に提供する飲食店。1996年より営業を開始。2007年10月現在の店舗数は、直営のみ14店である。 店名は、同社がアメリカ合衆国ハワイ州に持っているコーヒー農園の名前に由来する。 サロンド テ マドレーヌ [編集] かつて存在した業態で、女性客を主なターゲットに据えたティーサロン。2000年より営業を開始した。2005年時点では晴海店、自由が丘店の2店舗があったが、2006年6 月30日に自由が丘店が閉店したことで全店舗が閉店された。 ル・カフェ・ドトール [編集] ドトールの最高級カフェ。「最高のコーヒーを、最高のお店で、しかも気軽に楽しんでいただきたい」というショップコンセプトを元に誕生した、超一等地のドトールの最高級業態。メニューは、エスプレッソベースのコーヒーが中心で、価格は400円ほど。 2007 年10月現在の店舗数は、直営のみ3店である。 ドトールコーヒーハウス [編集] 形態はドトールコーヒーショップだが、メニューはカフェ コロラドに近い。 公式サイトに記述は無いが、ドトールコーヒーの系列である。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 ドトールコーヒー リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4